前へ
次へ

一般的な葬儀マナーを身につけよう

お通夜とかお葬式に参列した時に、遺族の方々に一言お悔やみの言葉をかけることが一般的です。なかなか上手

more

葬儀の中で最も大事なマナーとは?

大事なことは、故人を偲ぶ気持ち、遺族の悲しみを想う気持ちです。言葉を選ぶことが瞬時に判断できないのな

more

葬儀マナーが身についていれば安心

はっきり言って、葬儀マナーが身についていれば、心から安心できる場面が多いです。一生の中で、葬儀に参加

more

葬儀マナーの基礎基本を考える

思いもしないときに訪れる訃報により葬儀が行われることがあります。突然のことで気が動転してしまうことも多々あるでしょうが、どのようなときでもマナーが存在します。今回はそんな葬儀マナーについてまとめてみたいと思います。まず、服装についてですが当然、黒い服装が良いでしょう。ただ、通夜に関しては普段着でよいとされていることが多く、あまりあわてる必要はありません。実際の葬儀に行かれるときは、黒い服装に靴下やネクタイなども黒で統一し、数珠などをお持ちいただくほうが良いでしょう。もしあまり知識がなく、白っぽい服装で出向いてしまったときには周囲から不謹慎だと言われてしまうことがありますので注意が必要です。男性であれば、黒い礼服に黒いネクタイ、黒い靴下で黒い革靴を履いていくことが良いとされています。女性の場合でもきらびやかなものは控え、黒い服装を用意しヒールの高い靴はお控えいただくほうが無難と言えます。ただ、最近では服装をあまり意識しなくても良い家族葬なども多々行われるようになってきているということもあり、葬儀会社も特に服装に関して注意を促すことが少なくなってきているという事例もあるようです。言われなくても知っていて当然と言われるようなことではありますが、学校の先生が教えてくれないことのうちの1つとして、ご自身でよく調べていくようにしたほうが良いでしょう。冠婚葬祭の中で、特に葬儀に関しては思い人の旅立ちという振り返っても振り返りきれない思い出がたくさんある場合が多く、葬儀に出向く人は故人との人間関係が親密であったことも多いです。そういった人たちに対しての礼儀として、無難な服装を心がけるようにしますが最近では服装以上に態度面での失礼が目立つとの噂もあります。結婚式など、楽しい場合は良いのですが葬儀の場合は悲しみにくれる方も多く感情的にトラブルになることがあります。服装だけでなく、基本的な葬儀マナーを守っていくようにしましょう。

https://kobeihin.com/tokushu.html
自分ではできないお掃除は、専門業者にお任せしましょう

豊明市 小児歯科

Page Top